RSS新着情報

2007年03月11日

車両保険

車両保険

車の衝突、接触、墜落、火災、盗難、台風、洪水、高潮など偶然な事故によって、車両に損害を被った場合、契約金額(保険金額)を限度として保険金が支払われます。ただし、車の損傷を修理することができる場合は修理支払限度額を限度としています。


車両保険には3種類の補償タイプがあります

<一般>
あらゆる車両の損害をカバーします。自分で電柱に追突しての自損事故や、相手の特定できないあて逃げの時も、車両に受けた損害を補償します。

<車対車+A>
車対車の事故による車両の損害の補償にプラスして、災害による車両の損害や盗難(A)にも対応します。ただし、自損事故や相手の特定できない事故の場合は適用しません。
「A」とは、正式には車両危険限定担保特約と言い、「A」または「限定A」と表記されます。AはAccident(アクシデント)のAのことで、車を走行させた時以外に起こりうる危険(=災害による車両の損害や盗難)を意味しています。

<エコノミータイプ>
相手の限定できる車対車の事故による車両損害のみ補償します。


一般タイプへの加入がお勧めです!
posted by auto at 17:13 | TrackBack(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35726578

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。